注目のキーワード

【特集:就職先の動物病院の選び方】①キャリア設定とリアルボイス 2019/10/25

※この記事は2018年9月『Hippo-Works (獣医師版)号』に掲載した特集記事です。

①キャリア設定とリアルボイス

獣医学生は5年生になると、いよいよ本格的に考えなければならないのが“就活”。
臨床に進むかどうかの選択も含めて迷い・悩むことも多いかと思います。一方で、“なんとなく就活”が多いのも事実。研究室の先生に勧められたから、実習に行って人間関係が良さそうだったから・・・という理由で、大切な“ファーストキャリア”を安易に決め、「こんなはずじゃなかった・・・」と早期に離職、無計画な転職をしてしまう残念なケースも見られます。獣医師として“最初の病院=ファーストキャリア”をどう選ぶか?は、思っている以上に重要です。
そこで今回は、臨床獣医師を目指す皆さんへ「就職先の動物病院の選び方のポイント」をご紹介したいと思います。

キャリアを考える上で大切なこと

「ワークライフバランス」「働き方改革」「ブラック企業」など、気になるキーワードが世の中を飛び交う中、獣医学生に限らず多くの就活生が勤務条件など「何をしてもらえるか?」という受け身的な考えで就職先を選んでいます。
 しかし、世の中に流されて就活の条件を決めるのは危険。本当に大切なのは“自分にとって大切な条件”を知ること。「自分は何に価値をおいて働きたいのか?/何を重要視するのか?という“価値観”」を改めて考えてみましょう。価値観はみなさんの無意識の中に保存されており、「楽しい・ツラい」など感情の重要な要素となります。
 図①は、仕事における価値観のキーワードです。自分は何を重要視するか1位~6位までランキングしてみましょう。就職先選びで大切にしたいことが少しずつ見えてくるはずです。



臨床獣医師にとって大切な“最初の3年”

 臨床獣医師にとって、最初の3年は非常に重要な時期です。診療・基本手術の技術の習得はもちろん、社会人としての常識やマナー、飼い主様対応、スタッフとの関係構築など、専門知識・技術以外も根幹を固める大切な時期です。
 しかし、勤務する動物病院の方針によって重視する項目は顕著に差が出ます。まずは、漠然とでよいので「獣医師としての目標、どんな獣医師人生を送りたいのか?という“キャリアの方向性”」を決め、「最初の3年で何を学べると良いか?どこまで成長したいか?」をぜひ考えてみてください。その上で、実習や面接時に病院自体の目指す方向、新卒獣医師の育成方針や業務範囲などを聞いてみましょう。若手の先生からはリアルな体験や感想を聞ける可能性もあるので、休憩時間などに声をかけて質問するのも良いかと思います。

キャリアの方向性をイメージする

 「獣医師としての目標、どんな獣医師人生を送りたいのか?」を考える際には、図②の視点をヒントにしてください。
想定するキャリアから逆算して、自分のキャリアに何が必要かを考えていきましょう。
 新卒後の数年は、どんな道に進もうともジェネラリストとしての基盤を固めることが重要です。その上で、将来的にどんな「フィールド」で活躍していきたいのかをイメージしてみましょう(図②上部参照)。「○歳で開業」など明確な目標でなくても構いません。「できるかどうか?」よりも「やりたいことは?」という問いを立てて、行きたい場所に旗を立てる感覚で大丈夫です。これが見えてくると、「若くして開業した院長のもとで経験を積みたい」「結婚しても長く勤めたいから制度を重視する」など、就職先を選ぶ視点も定まりやすくなります。
 その上で、そのフィールドで自分はどんな獣医師として存在したいのか?「スペシャリティ」もイメージしておきましょう(図②下部参照)。そのスペシャリティを確立するためには、どんな道があるのかを考える助けとなります。気をつけたいのは、既に極めたい専門領域が決まっていて、いつまでに認定医をとって…などスペシャリティのみのキャリアプランを立てているケース。それを実現するには「フィールド(場)」が必要ですから、フィールドの目標を明確にするのを忘れないでくださいね。

特集の記事

2020/04/24

【セミナー・ 学会に参加して スキルアップしよう】第五回:獣医学・動物看護学系のセミナーが聴講できる学術集会

2020/04/23

【セミナー・ 学会に参加して スキルアップしよう】第四回:セミナー参加時の服装

2020/04/22

【セミナー・ 学会に参加して スキルアップしよう】第三回:セミナーの形式

2020/04/21

【セミナー・ 学会に参加して スキルアップしよう】第二回:学会って何だろう?

2020/04/20

【セミナー・ 学会に参加して スキルアップしよう】第一回:セミナーって何だろう?

2019/12/09

数字から考えるペット業界の現状と今後 ③獣医師数の推移と動物病院の規模

2021.2.8

春号の掲載受付を終了いたしました。

獣医学生版は3月、動物看護学生版は4月に発行予定です。

2021.1.18

獣医学生版・動物看護学生版 求人誌2021年春号のお申込みを受付中です。
申込締切:2021年2月7日まで

※ご好評につき受付期間を延長しました。