オンライン就活を 味方につける3つの心得②「オンライン面接のトラブル対策をおさえておく」 2021/07/13

コロナ禍で急速に進んでいる『就活のオンライン化』ですが、その特性を知れば「味方」にだってできます。貴重な時間をオンライン就活の攻略法を考える時間にしていきませんか?オンライン就活の特徴と3つの心得をしっかりつかんで、笑顔で就活に臨みましょう!

▼関連記事
心得①「事前準備は抜かりなく!」
https://news.hippos.co.jp/detail/10183/
心得③「コミュニケーションの注意点をおさえておく」
https://news.hippos.co.jp/detail/10185/

【心得②】 オンライン面接のトラブル対策をおさえておく

\トラブルも、「プラスのPRポイントに変えるチャンス」と心得よ!/


トラブルのリスクをゼロにすることはとても難しいものですが、どうしようと恐れるよりも、どんなことが起きやすいのか?起きたらどうすればよいのか?事前に考えることに時間を使うことが大切です。獣医師、動物看護師にとって臨機応変に対処できる力はとくに重要です。トラブル時も冷静に判断できる人、報連相ができる人、マナーある応対ができる人、というプラスのPRポイントにしていきましょう!

----------------------------------------------------
対面時と変わらない基本のマナー
----------------------------------------------------
□服装は原則スーツを着用
特に指定がない場合は原則スーツが基本。オンラインだからと下はパジャマのままは避けたい。急なトラブルで席を立つときに見えてしまうことも!

□髪型は表情がしっかり見えるように
顔に髪がかからないようにする。特に、目にかかる前髪、耳が隠れるスタイルは、画面を通すと余計に清潔感なく見えてしまう。

□時間的な余裕をもってスタンバイ
遅刻厳禁は対面での面接と同じ。オンラインの場合は、通信などのトラブルがあっても焦らないよう10分前にはログイン、操作確認しておくと安心。


----------------------------------------------------
知っておきたい、起こりやすいトラブルと対応策
----------------------------------------------------
【通信回線が切れてしまった】
→まず電話やメールですぐに連絡する!

1.再接続をしたら、丁寧にお詫びをする
「こちらの不具合でご迷惑をおかけし、大変申し訳ありませんでした。改めてよろしくお願いいたします」
2.面接終了時にも再度、お詫びする
「本日は通信が切れてしまい大変ご迷惑をおかけしました。最後まで面接を受けさせていただきありがとうございました」


【画面がフリーズした、音声が途切れて聞こえる 】
→自己判断で電源を切ったり再起動したりせず、「報連相」を徹底しよう!

1.まず状況を伝える
「こちらから見える画面がフリーズしている状況です。音声は聞こえております」「音声が途切れ途切れに聞こえております」 等
2.丁寧にお願いする
「申し訳ありませんが、こちらの通信状況を確認してきてもよろしいでしょうか?」「申し訳ありませんが、もう一度質問をお願いできますか?」 等


【家族が部屋に入ってきてしまった】
→「ご迷惑をおかけし申し訳ありません」の一言を!

1.これはNG
・家族に「出て行って!」とイライラした態度で言う(裏の顔を見た気になる)
・家族が出て行った後、何事もなかったように振る舞う(謝罪くらいはしてほしい)

2.こうするとプラスの印象になる
・まず面接官にお詫びし、その後で冷静に家族に退室をお願いする
  (1)面接官に対して「少々失礼します」と伝える
  (2)家族に対して「今、大事な面接中です」と伝える

ワンランクあがる プラスに繋がるコワザ!

□面接の開始時刻に挨拶メッセージ ⇒ 良い印象から面接をスタートしよう
先に連絡が可能であれば、チャット機能等で「本日、○時より面接を受けさせていただく○○大学の○○です。準備は整っております。どうぞよろしくお願いいたします」と、ひと言挨拶をいれる。

□顔映りを明るくするネクタイ、またはメイクをする!
オンラインでは顔が暗く映りがち。ネクタイはシンプルな柄であれば少し明るい色目のネクタイを選ぶと顔映りがよし!メイクでは明るめの口紅、チークを選ぶと健康的で明るい印象へ!

□対面以上に表情を意識する
対面時より顔がアップになり、相手の視線は常に表情に注がれるオンライン。ちょっとした表情の動きも見られている。眉間にしわがよったり、逆に表情が全く変わらなかったりすると印象が悪くなってしまう。カメラと同位置に鏡を設置して自分の表情を確認するのも良い方法。相手の話を聞いているときは、意外と気が抜けがちなので注意!



■オンライン面談を体験した先輩の失敗談「マジで焦りました・・・」
・面接中にスマホが鳴ってしまった
・スマホを手に持っていたら画面の揺れを指摘された
・通信速度が遅くて、途中で画面がフリーズした
・「暗くて顔があまり見えない」と言われてしまった
・途中、飼い猫が乱入してきた(場は和みましたが・・・)
・隠したつもりだったが洗濯物が映り込んでいた


【トラブル対策の記事を動画でチェック!】
https://e-lephant.tv/ad/2000570/
※外部サイト(エレファントTV)に移動します

執筆

田中理咲(たなかりさ)先生
動物病院ヒューマンスキル育成コンサルタント

航空会社勤務の後、獣医師である兄の影響を受け、動物病院の運営、人材育成に携わる。その後独立し、動物病院に特化した社会人マナー、接遇、後輩育成、チームマネジメントなどの対人関係能力(ヒューマンスキル)向上のためのセミナー、執筆活動、個別動物病院サポートを行う。これまでに3,000名以上の動物病院スタッフを指導する。

特集の記事

2021/07/13

オンライン就活を 味方につける3つの心得③「コミュニケーションの注意点をおさえておく」

2021/07/13

オンライン就活を 味方につける3つの心得②「オンライン面接のトラブル対策をおさえておく」

2021/07/13

オンライン就活を 味方につける3つの心得①「事前準備は抜かりなく!」

2021/07/12

【動物病院の見学・実習の流れ】就職活動を始めよう!~先輩に聞いた! 実習のワンポイント~

2020/04/24

【セミナー・ 学会に参加して スキルアップしよう】第五回:獣医学・動物看護学系のセミナーが聴講できる学術集会

2020/04/23

【セミナー・ 学会に参加して スキルアップしよう】第四回:セミナー参加時の服装

2020/04/22

【セミナー・ 学会に参加して スキルアップしよう】第三回:セミナーの形式

2020/04/21

【セミナー・ 学会に参加して スキルアップしよう】第二回:学会って何だろう?